ハタを立てろよ!

ワーホリで英国に来た男の一旗揚げるまでの軌跡と雑記になる予定。

エジンバラに長期滞在するならオススメしたい!図書館の利用者登録について

 先日エジンバラの図書館に行って利用者登録をしてきましたので、その方法と図書館の特徴などについてここでお話ししたいと思います。利用するにあたってはサービスが豊富で便利な施設でしたし、登録も簡単でしたので、長期でエジンバラ滞在する方にとってはかなり便利な場所になると思います。

 

 

利用者登録するには?

僕が行ってきたのは中央図書館です。街の中心辺りにあります。

通りの向かいに"National Library od Scotoland"ってのがありますが、コチラは多分アカデミックなやつです。借りる用の本は置いていません。カフェとか展示とか物販がありましたが、あまり深入りはせずに出ました。

 

中央図書館の入り口はこんな感じ。最初はものものしくて住民限定かと思ってましたけど(笑

f:id:sorenaniboy:20150612133936j:plain

中に入ります。

f:id:sorenaniboy:20150612133932j:plain

一階。さすがの雰囲気です。めっちゃ窓からの日光が本に直撃してますが、傷むのが早くなったりしないのかな。

f:id:sorenaniboy:20150612133933j:plain

この部屋に受付といいますかカウンターでお仕事をされてる方がいましたので(写真なし)、利用者の登録をしたいという旨を伝えました。そんで利用者登録用の紙を渡されましたので、名前、生年月日、住所、連絡先、メールアドレス等を記入。それからパスポートも見せました。とくに住所を証明するようなものの提示は求められませんでした。ほんとに誰でも作れるっぽい。

あと、機械を通すときに入力するパスワードも決めました。一度は向こうでランダムに決めたものを見せられましたが、変えたいです、って言えば変えられるみたいです。

 

でパンフレットみたいなものと一緒に利用者用のカードをもらいました。↓

この裏にバーコードがあって、機械に読ませれば本を借りたり出来ます。ちっこいのもありますが、どちらか一方あれば利用出来ます。カウンターの女性の方いわく、「財布にカードを入れても財布を忘れる人もいるでしょ?鍵につけておけば絶対に忘れることはないわ!」て。っていや、財布忘れるような人だったらどっちも忘れることもあるんじゃね? なるほどー!こりゃあ気がきいてるナ!

 

説明を聞いて気になった特徴とか

で、図書館の利用にあたっての説明も聞きます。記憶ベースですが日本の図書館も頻繁に利用していた自分としてはいくつかの点は興味をそそられるものがありました。

  • 返却期限を超過した場合はペナルティとしてお金を払うことになる
  • インターネット上から本の予約、貸出期間の延長等はできる
  • 通常の貸出期間は本なら3週間、DVD、CDは有料。計12個まで。
  • 返す場所は、借りた場所と同じでなくてもよい
  • eBooks、e-audiobooks、e-magazinesが利用出来る

やはり特筆すべきはペナルティがあるって所ですね。日本だったらいくら超過しても催促の連絡が来るくらいで結局無料で済んじゃうもん。とは言えインターネットから貸出期間を延長すれば最長9週間まで借りられるみたいです(予約がなければ)。詳しくは以下リンク参照で。

Borrow books, eBooks, films and music | Borrowing from the library | The City of Edinburgh Council

 

本を借りるための機械がコレ。青く光ってる所が本を入れるところで、その上にカードのバーコードを読ませる所があります。 自分で済ませるってのも日本とはちょっと違う。(ペナルティのお金を払うときはレジみたいなところへ行く)

返却にもコレを使います。日本によくある図書館の閉館してる時に使える返却ボックスみたいのはありません。じゃなきゃペナルティの意味無くなっちゃうしな、とは思いつつもちょっとそれは残念なところかな。

 

さらに中を探索してみた

3階のリファレンスルーム。ここにあるパソコンもカードを持っている人は利用出来ます。ここでパソコンに利用者番号とパスワード(登録終了した時点でメール連絡される)を入力してログオンすると図書館内でのWiFiも利用できるようになります。

机も。パソコンを持ち込んで作業をしてる人もいます。コンセントもあったのかな。広くて静かです。

音楽関連の書架の辺り。なんとキーボードがあります。このおっちゃん、かなり激しく演奏してましたけど、音はヘッドホンから出てるようなのでガタガタ鍵盤を叩く音しか周りからは聞こえません。

2階の席。

コーヒーの機械もありました。どれも£1かな。

2階、と2.5階?

雑誌コーナー。ソファーがなかなかオサレです。若干固かったけど。

感想

 というわけで利用者登録も簡単で便利な図書館、非常におすすめです。英語を勉強するにあたって本を読むということは非常に大事だと思いますが、こっちで中古で本を買うとしても意外と£1とかしちゃうので、日本ではバキバキのブックオフユーザーの僕としては高ぇああ!と思ってた所の大当りでした。最寄りの図書館は中央図書館ではないので返すときはそっちを使おうと思ってます。あとe-Booksとかはまだチェックしてないですけど便利なんじゃないですかね。きっと(適当)。

今回借りてきた3冊。多分読みきれないけど、英語を浴びるつもりで取り組みます。

広告を非表示にする