読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハタを立てろよ!

ワーホリで英国に来た男の一旗揚げるまでの軌跡と雑記になる予定。

【今週の果物】なんか平べったい桃

食べもの・自炊

さー、今週の果物のお時間ですよ!

今回は前から狙っていた見た目が"平べったい桃"を買ってきました。"family pack peach"って書いてますけどpeachってこんな平べったくないでしょ。なんかちゃんと固有の名前があるのではないの。とは言え、"平べったい桃"で検索してみてもけっこう出てきますね。和名だと蟠桃(ばんとう)と言って中国が発祥の桃らしいです。ということは英語の名前として共通のものが無い?のかもしれませんね。

 

 

 この量、箱で£1.25。ちょっと他の今までの果物に比べると少し高めの設定です。他の果物と同様、"ripen in bowl"(フルーツボウルに入れて熟れさせてな!)と書いてありますが、ネクタリンのもありますので気にせず早速食べてみます。

 

パカっと切った状態がコチラ。 ↑

なんとなくリンゴに近い色と質感です。味も熟れてないためかあんまりないし、食感もシャクシャクとなぜかリンゴ・・・。買ってそのまますぐ食べると残念なリンゴですコレは。

数日置いて熟れた後の物は大分甘みが増し、柔らかくなってました。が、まだ日本で食べた桃の方が美味しい気がする。まぁ値段相応なのかもしれませんが、平べったい分そこに何かアドバンテージというか、隠された強み、みたいなものを期待していたのですがね・・・、ハッキリ言ってそれは無いですね。いや、普通に美味しいですよ。ただ私が余計な期待をしていたってだけの話です・・・。

 

珍しい桃に見えますが、日本でも栽培しているみたいですね。ネクタリンもそうですが、なぜ日本ではこういった果物はあまり一般化してないんだろう。珍しいものほど高級志向になってしまうんでしょうか。こっちのスーパーと日本のスーパーでは何が違うんだろう・・・生産コスト?物流コスト?色々考えてしまいます。

 

また初めて果物が見つかったら試してみようと思います!

広告を非表示にする