読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハタを立てろよ!

ワーホリで英国に来た男の一旗揚げるまでの軌跡と雑記になる予定。

【Amazon vs クレジットカード?】クレジットカードでポンド建てで支払ったお会計内容の確認

お買いもの

 先日のMacbook Proを新調した話と関連するんですが、スマホで操作しながらAmazon.ukで会計に進もうとしたときに、支払い方法をクレジットカードにしていてもなお、Amazonから円建てで支払うことも可能ですが、どっちにする?」みたいな画面が出てきたんですね。ちょっと面食らいました。

  その時のレートが思いっきり市場のレートと離れているように見えたのですが、正直クレジットカードで支払った時にも最終的な支払い額ってどうやって算出されるのかよく判ってなかったので、一概にAmazonのレートが高すぎる、とも判断できなかったわけです。結局、クレジットカード会社にポンド建てで支払ってもらうほうが得だろうと思ってそのまま会計に進んだわけですが。

 そしてあれから日が経ってクレジットカード会社から請求額が出てたので、あの時の思惑が正しかったのか、を確認してみました。(前提として、使用したカードはREXカードです。もちろん通常は日本の銀行から、円で引き落とすように使っています。)

 下が会計時のAmazonの画面のキャプチャです。お会計額は£875.98です。「Selected payment currency」をGBPに選択していれば後はカード会社のレートで円がポンドに両替されて支払いが行われますが、この画面では実際銀行からいくら円が引き落とされるのかはわかりません。

f:id:sorenaniboy:20150728080253j:plain

 

そしてAmazon内で円建てにしてもらう、を選択した画面が下のものです。£1が198円超になっています。その日は市場レートが£1=192円位だったので、ボッタクリに近いレートです。Amazon fee and chargeってのがいくらなのかわかりませんが、そこが肝な感じです。

f:id:sorenaniboy:20150728080350j:plain

 

結局、前述したとおり、その場の判断でAmazonの中ではポンドで決済をして、カード会社のレートを頼りにすることにしました。REXカードはVISAの系列なので、下のページにてお買い物当日のレートを確認することが出来ました。ポチったのは2015年の7月14日です。

f:id:sorenaniboy:20150728082550j:plain

Visa USA | Personal | Exchange Rates

 

£1=192.357203円。えらい細かい数字ですが、Amazonのレートに比べると6円近く安い数字です。この時点でほぼカードに頼って正解だったと言えそうな感じです。とは言えクレジットカードで支払うと手数料もかかるので、またここからさらに上乗せされることになります。

 そして、下がREXカードの発行元であるJACCSのHPに載っていた説明。海外利用時(外貨で支払う場合)はレートに1.63%が加算されるということになっていますね。

f:id:sorenaniboy:20150728080316j:plainショッピングお支払方法 | ショッピングクレジット・クレジットカード・クレジットローンのジャックス

 

他に考慮漏れがなければ、カードの利用請求額は(i)商品のお会計額, (ii)VISAに適応される£円レート, (iii)海外利用に伴う事務処理手数費用、を掛けあわせた数字ということになりますので、式にすると以下のようになります。

(i)£875.98 × (ii)192.357203円 × (iii)1.63%

= 171,247.630005688222

小数点以下は多分切り上げになるだろうから、171,247円が正解じゃろう・・・、と思いながら、さあカードの請求額を確認!!

 

↓Web上で請求額を確認した画面

f:id:sorenaniboy:20150728084539j:plain

171,746円!?  あ、合わない・・・ orz

 

500円程合わない。どっかからまた費用が沸いて来たのか?と困惑しつつも、念のため為替レートを買い物した翌日の7月15日のものも確認してみた。

f:id:sorenaniboy:20150728085813j:plain

£1=192.917090円・・・、計算してみると・・・・・・171,746!! (.07415192066) 合ってる!!

 

 いや、でもなんで1日後のレートが適応されちゃってんのよ。時差?処理時間?ポチったのが英国の午後1時位なので、日本だと午後9時、ニューヨークだと午前8時?ポチってから実際のカードの処理までに時間がかかってるってこと?なんか腑に落ちない。

 これだとレートが急変してたら値段がもっと跳ね上がってたかも知れないってことじゃん・・・。

 と思いながらもう一度カードの説明を読んでみると・・・。

f:id:sorenaniboy:20150728092140j:plain

しっかり書いてあった・・・ orz

しかし大体1日後のレートが適応されるって知ることが出来ただけでも1つ賢くなったような気がするわな!

てことでまとめると、

 

  1. Amazonに円建てしてもらうよりカード会社にポンド建てしてもらった方が通常は安くなる(Amazonだと急激な為替の変動は回避できる?)
  2. 適応されるレートは1日(それ以上?)後のものになることがあるので注意
  3. 計算方法は以下3つのものを掛ける → (i)商品のお会計額, (ii)カードに適応される£/円レート, (iii)カード毎の海外利用に伴う事務処理手数費用

 

というところでしょうか。

 正直もっと手数料やら為替やら複雑な計算を強いられるかと思って今まで特に確認してなかったのですが、今回は大きな買い物だったので自分の中で、こりゃ確認せな!みたいな気がしたので突き詰めてやってみました

 けっこう頑張って書いたんですけど、殆どの人は興味ないでしょうね。でも同じようなもやもやを抱えていた人の一助となってくれれば幸いです。

ちなみに、REXカードは通常ポイントが1.75%付くので単純に考えて(iii)の事務手数料1.63%はカバーできているはず!

 

※これらの結果は使用するカード、利用条件によって変動する可能性がありますのでご注意ください。

 

以上っす! 

 

 

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!気に入っていただけましたら記事をシェア、またコメントを頂けると嬉しいです!次回もよろしくお願いします!('w')