ハタを立てろよ!

ワーホリで英国に来た男の一旗揚げるまでの軌跡と雑記になる予定。

【点心と書いて】チャイニーズレストラン:Yi-Banでお昼食べてきました【ディムサムと読む】

 先日職場の方のオススメの中国料理、もとい点心のお店に行ってまいりました。点心て英語だと'dim sum'って書くんだってよ。

 Yi-Banというお店で、場所はDLRのRoyal Albert(zone3)の駅から歩いて5分程。テムズ川の側にあり、対岸にはロンドンシティ空港があって発着する飛行機らが窓から見えました。入り口は川の反対側で、ジム(?)の受付が1Fにあるので最初戸惑いますが同じドアから入って2階へ行きますとYi-Banです。

 

 店内。一見上品な感じもしますが、店員さんとか他のお客さん見てるとカジュアルな感じもします。個人的にはちょうどいい塩梅です。僕ら以外でお客さんは中国人の方が多かったと思いますが、日本人、ヨーロッパ系、中東系の人もいました。そんで店員の人は皆中国人。厨房は様子を伺えませんでしたが、本場の人がやっていたんだと信じたい。

 着いたのは金曜日の2時頃。

 席について、メニューを見ながら注文用紙にチェックを付けて、フロアの人に渡すというのがオーダーのやり方。フロアの人は英語が喋れる人もいますが、一人50代くらいのおっちゃんはひたすら中国語で対応してきた(笑 

 チャーハンや麺類などお腹にたまる系のものもメニューに載ってましたが、なるべく色んな種類の点心を食べてみたいということで、タイプが被らないように気になる点心をオーダー。

 一個目。メニューには英語でKing Prawnと書いてましたが、中国語の方は読めず。既にお箸つけちゃってる写真ですいませんが、でもこれが一番美味しかった。海老を生地で包んで蒸したものに酢醤油というシンプルなものですが、いかんせんこのシンプルさが久しぶりだったので、ああ、こりゃ美味いわ・・・。としばし恍惚。幸先の良いスタートで、次々と点心を咀嚼。

 鶏の足の甘辛炒め。漫画的肉まん、なんか内臓系の炒め、ピーナッツ入ご飯の生地包み、(全て適当に命名)。ビジュアル的に盛りだくさんですな、どれも美味。

 シウマイ。あと後ろの方にチマキが。チマキだけちょっと普通すぎる味ってかんじだったかな。他はどれも乙なお味。

 8種類ほど食べて2人でほぼ£20。悪くない。むしろ良い。満足。他にもオススメの点心のお店があるってことだったので、またそちらに近いうちに行きます。

 

その他のポイント。

・お茶は無料でおかわりできます。

テムズ川の景色良いです。飛行機の発着が見れるってのがおもしろい(しかも静か)。

・アレルギー表示は無いので気になる人は店員さんと要相談。

・点心狙いで行くなら、ご友人をお誘いの上、訪問すると吉。

・Webサイトではメニューとかも写真付きで参照できます。

 

<参考情報>

Webサイト : Yi-Ban | Fine Chinese Restaurant in Londons Docklands

ロケーション

  

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!気に入っていただけましたら記事をシェア、またコメントを頂けると嬉しいです!次回もよろしくお願いします!ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

広告を非表示にする