読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハタを立てろよ!

ワーホリで英国に来た男の一旗揚げるまでの軌跡と雑記になる予定。

【ウィーン旅行記4】なぜこんなところに?ウィーンではなぜか道端にアレが設置されてるぞ!

旅行記

ウィーン旅行記4です。

ウィーンで旅行中、道端でなんじゃこりゃ!?って物を見つけたのですが、何だと思います?

全体像がわかるような写真を撮れてなかったのでSNS検索してみました。色々出てきますね。便利。まずはTwitterで見つけたこちらの写真を御覧ください。

 

丁度よく全体がわかりますね。という訳で見つけたものとは体重計でした!

しかもなんかレトロな感じのヤツ。 

 

僕が見つけたのはもっと狭っちいところだったので、最初誰かが捨てて行ったものかとすら思いました。しかし、歩いてると幾つか見かけたので、ああこりゃなんか目的があって置いてるんだろな、と。

 

更に寄りの写真をInstagramで見つけたので、これも貼っておきます。

 

 

20 cent für die ungeschminkte wahrheit... #waage #gewicht #weight #scale #wien #vienna

Sabine Schatzさん(@beal09)が投稿した写真 -

測るためには 20セントが必要と。いや、そこまでして体重測る人いるか?しかも人目があるかもしれないというのに…。ていうか、服とかいっぱい着てるから正確に測れへんやんけ。つかそもそも体重計って普通に自分で持ってるもんじゃないのか?

ウィーンの人たちがそんなに体重測定を強制されなきゃいけないほど肥満な人が多かったようにも思えないし…。

あるいは旅行者用か? 旅行前に荷物の重量測ったりするのには便利かも知れないけども。うーん、わからん。

 

実際に使用している様子の動画もありました。旅行者の方っぽいので、使い方が正確なのかも定かではないですが、 参考に。あとこれちと暗いな。

Dan, January 28, 2012 from Reanna Lavine on Vimeo.

 

なかなか英語で検索しても情報見つからないな〜と、ここでオーストリアはドイツ語圏だったことを思い出しドイツ語の記事を発見。

ドイツ語はさっぱりなので、Google先生に翻訳してもらうも結局よくわからん。元々は展示の一環だったとかそういう感じ?

 

起源やら設置されてる理由はよくわからないですが、今にして思うと実際乗ってみるのも面白かったかもしれないですな。

 

 

広告を非表示にする