読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハタを立てろよ!

ワーホリで英国に来た男の一旗揚げるまでの軌跡と雑記になる予定。

8週間通った英語学校 色々感想をぶっちゃけます(後編)

前編はコチラです。

ymsdeedinbugrgh.hatenablog.com

 

 期間が空いてしまったんで前に思っていたことがそのまま書けるのかちょっと不安ですが・・・。

英語のレッスンを受けるにあたって講師や一緒に受けることになる生徒はほぼ完全に運で決まると思います。なのでとりあえずここで書いておきたかったことはこんな人がいたんだよってこと。つらつらと書いていこうと思います。けっこう愚痴っぽいですのでそのつもりで・・・。

 

 ↑教室の1つ。よく残って勉強してました。

生徒①教えてもらったことを覚えていない

 そもそも勉強する気があってここにきているのかっていう位のレベルなんですけれども、自分が質問して答えてもらったことにことであるにもかかわらず何度も同じことを聞き返してる人がいました。講師もそのたびに教えなければならず、時間がとられて先に進まないというこパターン。本人は真面目に勉強するつもりで聞いてるんでしょうけれども、それさっき聞いたじゃん!と言いたくなります。と言うか何度か言いましたが、その後も特段改善されることはありませんでした・・・。

 

生徒②自分の話ばかりする

 これもなかなか厄介です。個人的には生徒は皆同じレッスン料を払っているので、均等に自分のしゃべる時間が設けられて当然だと思いますが、やたら長く話をする人やどうでもいいことなのにとりあえず喋り続ける人がいました。周りはかなりうんざりしている空気を出しているにもかかわらず、です。ちなみにその生徒が多用していたフレーズ「For example...」はかなり強力なフレーズであると気づきました。これから(言いたいことを明確にしてくれるであろう)例が来るのかと思って周りも聞きに入るため、話を遮ることがなかなかできないのです。逆に言えばこのフレーズを使いまくると話が長い人だと思われるかもしれないな、という学びも得られましたが。

 

生徒③やる気が無い

 これはそこまで悪質なタイプではないと思います(私が払ったレッスン料に対して影響を及ぼさないという意味では) がそれでもかなり水をさすタイプの人ではあると思います。 ちなみにこれは1人だけではなくて何人かこういったタイプの人がいました。おそらく自分から英語を学ぼうと決めたのではなく、会社の制度によって送られて来たか、親の意思で通っている場合なんだと思います。

 例えば四六時中ため息をついていたり、レッスン中に携帯をいじっていたりします。これは無視できるレベルですが。あとは英語の勉強とは関係ない部分に固執して話を深堀りしていったり、めっちゃつまらんジョークを言ってなんとか自分を楽しませようとしたりする場合もありコレはめんどくさい(しかもそういう生徒に限って自分は英語をよく喋れると思ってるような節がある)。周りも皆やさしいので(本当に面白いわけではないと思うが)一応笑う。うーん。

 

講師①感情的になりやすい

 残念講師のパターンもあります。生徒である我々は英語が完璧に喋れるわけではないので、時として表現が直接的になりすぎてしまったり、言いたいことをうまく伝えられない時もあります。私は講師の方に対してはその辺を踏まえた上で反応してもらうことが望ましいと思っていますが、中には言ったことをそのまま捉えて反応されるようなケースもあるこれはちょっと怖いなぁという気もしました。例えば「自分の国ではこうなのにエジンバラに来たらこうだった」という違いを述べたら、侮辱されたととらえたのか「何が悪い?」という反応を返す、と言ったケース。これでは積極的に発言する気概が削がれてしまいますね。まぁこの講師は宿題を見ない、テストをなかなか返さないといった素行もあり全体的にどうかなと思うところもありましたが。(マンツーマンでレッスンを受けた時は問題なかった)

 

まとめ 

 と、ここまでかなりグチっぽくなってしまいましたが、こういった生徒と同じクラスに身をおくしかなかった自分の英語力にも責任の一端があるとは思ってます。上のクラスにあがるほど生徒の勉強に対する姿勢もかなり変わってくると思うので、やはりあらかじめある程度英語ができるようになってから通うこともこういった事態を避けられることにつながるとは思います(本末転倒かもしれませんが)。 あるいはプライベートのレッスンをとるかですが、これはお金の問題もあるので簡単にできる人ばかりではないと思います。

散々ネガティブなことを書いてきてしまいましたが、英語のレッスン自体は全体を通して自分のためになるものでしたし、楽しくやってこれましたので、英語のレッスンを受けること自体を否定しているわけではございません。むしろこういった生徒、講師に当たることもあるかもしれない、というつもりで最初から臨んだほうがワタシみたいに変にがっかりすることもなくなるのではないでしょうか。(日本の予備校みたいにめちゃ真面目な感じになると思ってた)

 

その他ご質問などコメントくださればお答えいたしますよ!よ!

広告を非表示にする